塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル原作との違いは?元ネタになったグリム童話の内容を徹底比較

塔の上のラプンツェル 原作 
Pocket

記念すべきディズニーアニメ、50作品目となる「塔の上のラプンツェル」。

ディズニープリンセス映画としては初となる3D作品で話題になりましたね。

強くて可愛い主人公、ラプンツェルに憧れる女の子は多いのではないでしょうか。

ぴよ吉
ぴよ吉
大人気のプリンセスだよね!

そんな「塔の上のラプンツェル」ですが、元ネタとなる原作はグリム童話にあることをご存知でしたか?

原作はグリム童話「ラプンツェル」となっており、映画の内容との違いがたくさんあるんだとか!

今回は現代のラプンツェルと元ネタとなった原作の内容を比較し、グリム童話とディズニーでの違いを徹底調査してみました!

 

【塔の上のラプンツェル】原作との違いは?

ディズニーアニメ「塔の上のラプンツェル」は、幻想的でロマンティックなストーリーで描かれていますが、元ネタとなる原作はまるで違うようです。

グリム童話の原作では、やってはいけない事に対する報いを象徴していますね。

ぴよ吉
ぴよ吉
悪いことってできないよね。

一方、ディズニー映画のラプンツェルでは「悪い人は罰をうけ、前向きに生きる人にはハッピーが待っている。最後はみんなが幸せ」という、まさに聞き手が求める内容にアレンジされています。

 

原作との違いを調査!

ディズニーの「塔の上のラプンツェル」は、皆さんもご存知のように、明るく元気で誰からも愛される主人公ラプンツェルの物語。

実はプリンセスとして生まれてきますが、魔法が宿った金色の髪を自分だけのものにしたいゴーデルに連れ去られてしまいます。

ゴーデルに外に出ることを禁じられ、18年間、森にある高い塔の中で暮らすことになりました。

元ネタとなった原作では妖精に引き取られ、12歳になるまでは普通に育てられていたようです。

成長したラプンツェルに悪い虫がつかないように、塔に閉じ込めて世間の目に触れないようにしたわけですね。

そこまでして大事に育てたのに、王子との密会の末、妊娠してしまったラプンツェル。

罰として髪を切られて塔から追い出されてしまいます。

自分から外に飛び出したディズニーのラプンツェルとは状況が全く違いますね。

ぴよ吉
ぴよ吉
原作では王子と愛し合うんだよね
ここ吉
ここ吉
そうだよ。その描写が過激なんだって!

原作では、ラプンツェルがいなくなった悲しみで絶望するのは王子でした。

塔から飛び降りて命は助かりましたが失明するという残酷な結果です。

ぴよ吉
ぴよ吉
いばらのトゲが目に刺さってしまったんだ。

映画では助けにきたフリンがゴーレムに刺されてしまいますが、ラプンツェルの悲しみの涙で生き返ります。

ぴよ吉
ぴよ吉
原作ではラプンツェルの涙で王子の目が見えるようになるんだ!

原作では過酷な人生を歩んだであろうラプンツェルと双子の子供たち。

そして盲目で7年もの間、たった1人で彷徨い続けた王子がみんな一緒に城へ戻ることができて本当によかったと心から思ってしまいます。

ディズニー映画のラプンツェルは出生から城に戻るまで、たくさんの人と出会い、ピンチも乗り越え、手に汗握るストーリーになっていますね。

それに比べて原作は、表現や描写が過激であっても、ストーリーは地味に思えてしまいます。

妖精ゴーレムも悪でも敵でもなく、ただラプンツェルを大事に育てようとしただけです。

ぴよ吉
ぴよ吉
閉じ込めるのは良くないよね。

王子と密会していたラプンツェルを素直に応援できないのは私だけでしょうか。

元ネタであるグリム童話の原作とディズニー映画とではこれほどの違いがあるのです。

 

ファンタジー性がない怖い話?

原作はどうでしょうか?

グリム童話は、ドイツのグリム兄弟が書いた民話集

ぴよ吉
ぴよ吉
グリム童話って怖いんでしょ?
ここ吉
ここ吉
大人のグリム童話集のイメージが強いのかな。

残酷な描写過激な表現も多く、周囲からの批判も多くあったようです。

私たちが知っている現在のグリム童話は、何度も修正され、誰もが受け入れられるマイルドなお話になっていますよね。

原作「ラプンツェル」も、実は性的描写がなまなましく使われていたため、お子様にはとても読ませられない内容だったのです。

 

【塔の上のラプンツェル】元ネタになったグリム童話の内容を徹底比較!

さて、ラプンツェルの髪がとても長いことは唯一共通しているところですが、映画では魔法の力があります。

また、動物が登場してコミカルなシーンもたくさん!

ぴよ吉
ぴよ吉
どんな動物が出てくるのかな

暗い印象の原作とは違う点がいくつかあるので、それを一覧でご紹介しましょう。

 

アニメと原作の内容を一覧で徹底比較!

原作とディズニー映画では、登場人物の設定や物語の内容にだいぶ違いがあるようです。

原作 ディズニー映画
ラプンツェルの髪 とても長いが魔法力はない とても長く魔法の力を持つ。歌うことで金色に光り輝き、傷も治す
ゴーデル 妖精(魔女) 普通の女性。ラプンツェルの髪の魔法で若返り、400年生きている
恋人 王子。名前は不明 フリン・ライダー(大泥棒)本名はユージーン
動物 なし カメレオンのパスカル。白馬のマキシマス。いつもラプンツェルの味方でいてくれる可愛いキャラクター。
ラプンツェルの髪を切ったのは? ゴーレム。ラプンツェルの裏切りに怒り髪を切る。 フリン・ライダー。ゴーレムから解放するために切った。
ゴーデルの最後 不明 ラプンツェルの髪を切った事により、魔法の力が解けて砂になる
ラプンツェルの涙 王子の目が見えるようになる ゴーデルに刺されたフリンの命を救う
ぴよ吉
ぴよ吉
原作は登場人物が少ないね。
ここ吉
ここ吉
その分、過激な描写が多いのかな?

原作では性的描写などリアルに表現されていたため、次の改版ではカットされていたり、表現の方法が変更されていたりします。

それを元にディズニーがアレンジし、ディズニー映画を代表する作品となりました。

 

内容が変更になったのはなぜ?

グリム童話「ラプンツェル」のアニメ化を企画したディズニーでしたが、原作の内容があまりにも過激で子供向けではなかったため、一度は企画を断念。

監督は「本格的に映画化するには完全に内容を変える必要があった」と、インタビューで語っています。

登場人物の設定を変えたことにより、ディズニー映画を代表する素敵な作品になりましたよね。

ぴよ吉
ぴよ吉
子供たちも大好きな作品だよね!

やはりディズニーのアニメには冒険やファンタジーが欠かせないということがわかります。

 

まとめ

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」に元ネタとなる原作があったことを知らなかった人も多いのではないでしょうか。

そして原作のグリム童話とディズニー映画では、内容の違いがたくさんあることもわかりました。

この機会に元ネタとなったグリム童話の原作を読んでみるのはいかがでしょう?

原作がどのようにアレンジされ、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」が完成したのか、内容の違いをそれぞれの角度から読み解いていくのも面白そうです。

ぴよ吉
ぴよ吉
両方見てみよーっと!

そして、東京ディズニーシーに「ラプンツェルの森」を含む3エリアが、2024年春に開業されると発表されました!

ラプンツェルの幻想的な世界を体験できる日がとても楽しみですね。