思い出のマーニー

思い出のマーニーは結局何を伝えたい?伝えたいことを知ったら感動して泣ける!

思い出のマーニー 結局 何を伝えたい 伝えたいこと 感動 泣ける
Pocket

ジブリ映画では珍しい、ダブルヒロインものの「思い出のマーニー」。

内容が難しいため、「結局何を伝えたいの?」「意味が分からない」と疑問のまま見終わってしまった方も多いのではないでしょうか?

実は、映画の伝えたいことを知ると、その意味に感動し泣けるのです!

ぴよ吉
ぴよ吉
どんなことを伝えたいのか気になる~。

今回は、思い出のマーニーは結局何を伝えたいのか、伝えたいことを知り感動して泣けるシーンはどこなのかを紹介していきます。

 

思い出のマーニーは結局何を伝えたいの?

この映画は、ふたりの少女の心の交流を描く、やさしい雰囲気の作品です。

そのため、他のジブリ作品のようなエンターテイメントを追求した作品と違い、全体的に起伏が少なく、「雰囲気映画」と呼ばれることも。

確かに、子どもも大人も、「???」となる展開が続きます。

ぴよ吉
ぴよ吉
意味を理解するには、時間がかかりそうだね。

ここでは、思い出のマーニーは、何を伝えたい映画なのかを紹介します。

 

結局何を伝えたいのか調査した!

思い出のマーニーは複雑で難しいため、一度見ただけでは理解できません。

その理由に、終盤で伏線回収される物語ということが挙げられます。

それでは、思い出のマーニーが本当に伝えたいことを3つ紹介していきましょう。

 

自分が愛されていることに気付いて欲しい

杏奈は両親が他界し、養護施設生活を経て、育ての親の元で暮らす多感な12歳の少女。

育ての親に愛され育ちましたが、自分を養育する事で補助金が出ることを知り、補助金=偽物の愛と感じてしまいます。

しかし、「補助金をもらっている事」「愛されている事」は別物。

育ての親は、覚悟を持って血の繋がらない杏奈を育ているのです。

ぴよ吉
ぴよ吉
杏奈の育ての親の気持ちって素敵。

終盤、杏奈はマーニーと関わることで、誰かに愛されるとは何かを理解し、自分を愛してくれていた両親、祖母、育ての親の愛情も理解します。

愛されていないと思う少女が、生い立ちと向き合い、自分が思っている以上に愛されていたことを知る物語。

私達に、自分が思っている以上に自分を愛してくれている人がいる、という事を伝えています。

 

自分の考え方次第で見える景色が違う

人とのコミュニケーションが苦手な杏奈と同じく、無口なおじさん・十一(といち)は、療養にやってきた杏奈が最初に心を開いた相手。

何も言わなくても杏奈を助けてくれたり、杏奈自らがボートに乗せてほしいことをお願いし、行動を起こすきっかけになった重要人物です。

無口な十一とは違い、ズケズケと心に入ってくる杏奈より1歳年上の信子。

根は悪くない信子ですが、杏奈はズケズケと心に入る信子が苦手で悪口を言い放ってしまいます。

この2つのシーンから、一歩でも踏み出せば違う世界が広がっている。

自身の殻に閉じこもるうちは、素敵な景色を眺めることはできないということを伝えています。

ぴよ吉
ぴよ吉
自分の思い次第で変わるんだね♪

 

前を向いて生きることの大切さ

マーニーは、杏奈が思う幸せな少女ではありません。

幸せそうな人でも幸せではないことは、杏奈にとって衝撃的事実でした。

しかし、常に下を見ている杏奈と違い、マーニーは常に前を見ているのです。

それは、マーニーが幸せになろうとしていたから。

幸せになろうとするなら前を向いて生きることを伝えたかったのでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
自分で幸せに向かっていくことが大切なんだね。

 

意味が分からないの声をご紹介

終盤で物語の伏線回収がされていきますが、それでも謎が多く意味が分からないという声も…。

その声をいくつかご紹介します。

やはり、子どもから大人まで「意味が分からない」「面白さが分からない」という声がありました。

確かに、杏奈の心情が難しかったり、現実なのか夢なのか、マーニーは何者なのか分からなかったり謎が多い映画です。

感動した」「面白かった」という声も多数あるので、一度では理解できなくても、何回も見ることで新たな発見があるかもしれません!

ぴよ吉
ぴよ吉
見るごとに、理解が深まっていきそうだね。

 

思い出のマーニーの伝えたいことを知ったら感動して泣ける!

思い出のマーニーが伝えたいことは分かりましたが、一体どこのシーンが感動して泣けるのでしょうか?

ぴよ吉
ぴよ吉
どこのシーンか早く知りたいな。

そして、思い出のマーニーのように感動して泣ける類似アニメもご紹介します。

 

感動して泣けるシーンはどこ?

上記の『結局何を伝えたいのか調査した!』でご紹介した3つのシーンも感動的です。

そして終盤に、

  • なぜ杏奈はマーニーのいる湿っ地屋敷に惹かれたのか
  • 湿っ地屋敷から見つかったマーニーの日記は何なのか
  • マーニーは一体何者であるのか

が明らかになっていくシーンでは、全てが繋がった杏奈が涙します。

このシーンは、杏奈と一緒で、謎が解け感動して泣けるでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
伏線回収のシーンで感動して泣けるんだね。

 

類似アニメをご紹介!

思い出のマーニーのような、感動・泣けるアニメは他にもあります。

どちらも家族の絆や人生の決断が描かれており、感動して泣ける作品です。

ぴよ吉
ぴよ吉
素敵な作品、見てみたいな~。

その他にも類似する作品はたくさんあるので、自分で探してみるのも楽しみの一つですね♪

 

まとめ

思い出のマーニーが伝えたいことを調査して、この作品が一番伝えたいことは『人は愛される存在』ということではないかと感じました。

愛がなければこの世に存在すらしていませんし、歳を重ねることもないでしょう。

誰かの愛のおかげで、今ここに存在するということを、私自身改めて実感しました。

内容を理解するのが難しく、結局何を伝えたいか分からないとの声もありますが、みなさんはどう感じましたか?

正直、一度で理解するのは難しいのですが、何度も観ることでこの作品の本当の良さが伝わり、感動して泣けるのではないでしょうか。

ぴよ吉
ぴよ吉
難しいと思って途中で諦めた方も、紹介した内容を参考に見直したらいいかも!

今回は、思い出のマーニーは結局何を伝えたいのか、伝えたいことを知り感動して泣けるシーンはどこなのかを紹介しました!