思い出のマーニー

マーニーの舞台モデル【北海道】ロケ地場所一覧!釧路湿原や藻散布沼・屋敷もお届け!

マーニー 舞台 モデル 北海道 ロケ地 場所 釧路湿原 藻散布沼 屋敷 思い出のマーニー
Pocket

2014年に公開され、米林宏昌監督作品第二弾の長編アニメーション映画「思い出のマーニー」。

心をかたくなに閉ざした少女杏奈が、療養先の海辺の村で見つけた湿地屋敷に住むマーニーと出会い、心を開いていく物語です。

思い出のマーニーの舞台となりモデルにもなった場所が北海道なのは有名ですよね♪

北海道釧路地方にある釧路湿原や藻散布沼など、ほとんど北海道がロケ地となっています。

しかし、マーニーが住んでいた湿地屋敷だけは北海道とは違う地域がモデルだというは知っていますか?

北海道だけが舞台モデルだと思っている人もいるのではないでしょうか。

ぴよ吉
ぴよ吉
え!違うの!?

そこで今回は、マーニーの舞台モデルとなった北海道のロケ地場所一覧をご紹介!

そして、釧路湿原や藻散布沼・屋敷についてもお届けしたいと思います♪

 

マーニーの舞台モデル【北海道】ロケ地場所一覧!

心を閉ざした少女杏奈が喘息の療養をするため訪れた場所が海辺の村。

その海辺の村の舞台モデルとなったのは、北海道が中心ということはご存知の人も多いと思います。

映画の中のストーリーはもちろん、風景もとても美しく北海道の壮大な景色が表れていて癒されますよね♪

北海道といっても、とても広すぎてどのロケ地がどこにあるか分からない!という人もいるのではないでしょうか。

今や世間では、映画やドラマのロケ地を回る“聖地巡礼”というのも人気のようです。

なので、「思い出のマーニー」の舞台モデルになった北海道のロケ地場所をまとめてみました!

ぴよ吉
ぴよ吉
詳しいロケ地が分かるの嬉しい!

 

マーニーの舞台モデルは北海道!

前述したように、「思い出のマーニー」の舞台モデルは北海道

メインとなった舞台モデルは、釧路湿原藻散布沼(もちりっぷとう)という読み方が少し難しい名前の場所だそうです。

写真と映画の風景を見比べてみると、確かに似ているようにみえますね!

公式でも「思い出のマーニー」の舞台となったのは北海道とは明記されていますが、ここという場所は明記されていないようです。

しかし、さすがはジブリファンの人たち!

ファンを中心に作品をみて、ここではないかと分かったのが釧路湿原だったようです。

ぴよ吉
ぴよ吉
ファンの人たちってすごい!

釧路湿原や藻散布沼は有名ですが、そこ以外にも北海道でのロケ地はあるのでしょうか。

 

北海道のロケ地場所一覧!

北海道はとても広く、自然がたくさんあります。

「思い出のマーニー」での景色も自然がいっぱいで、美しい風景で溢れていましたよね♪

北海道が舞台モデルとなったロケ地を一覧にしてみました!

場所名 住所
釧路湿原 〒084-0922 釧路市北斗2-2101
藻散布沼(もちりっぷとう) 〒088-1538 厚岸群浜中町藻散布
厚岸真龍神社 〒088-1124 厚岸郡厚岸町字宮園2丁目7
霧多布湿原(きりたっぷしつげん) 〒088-1561 厚岸郡浜中町霧多布湿原
霧多布岬 〒088-1522 厚岸群浜中町湯沸33番地

どの場所も美しく自然に囲まれたところで、北海道の自然を満喫することが出来そうですね。

ぴよ吉
ぴよ吉
癒されること間違いないね♪

まさに幻想的で不思議な映画「思い出のマーニー」のロケ地としてはぴったりの場所ではないでしょうか。

そこでこの一覧のロケ地で、おすすめ三選をご紹介したいと思います!

 

釧路湿原

ここは思い出のマーニーの中でも有名なシーンの場所ではないでしょうか。

杏奈とマーニーがカヌーに乗って大河を渡るシーンで、背景の夕陽がとても綺麗でしたよね。

それもそのはず、この場所は世界三大夕陽の一つと言われているのです!

また、タンチョウをはじめ色んな鳥類の繁殖・休息地となっており、貴重な動物も多く観光客に人気の自然スポットのようですね♪

【釧路湿原国立公園の場所】

 

厚岸真龍神社

物語で出てきた七夕まつりの舞台モデルになった神社です。

ここでは杏奈が信子に「太っちょ豚」と言ったシーンの場所でもありますね!

この神社では、長い歴史があり7月には真龍神社のお祭りが行われているそう。

思い出のマーニーでも七夕まつりがありましたが、そこを参考にしたのかもしれませんね!

【厚岸真龍神社の場所】

 

霧多布岬(きりたっぷみさき)

湿地屋敷周辺のモデルとなった場所です。

思い出のマーニーでも結構重要な場所のようですね!

原作の舞台はイギリスなのですが、ここ霧多布岬は訪れた観光客がまるでイギリスに来たみたいという声があります。

そんなところから、ここが思い出のマーニーの舞台に選ばれたのかなと想像してしまいますね♪

霧多布岬は晴れた朝には、息を飲むようにきれいな朝日を見ることが出来るようです。

ぜひ一度は行ってみたいですね!

【霧多布岬の場所】

 

マーニーの舞台モデルとなった釧路湿原や藻散布沼・屋敷もお届け!

釧路湿原や藻散布沼が思い出のマーニーの舞台モデルになったのは分かりましたが、実際はどんなところでしょうか。

何か有名なものや観光地など、聖地巡礼ついでに観光できると楽しいですよね♪

映画のなかでは、自然がたくさんで癒されることは間違いなさそう!

ぴよ吉
ぴよ吉
どんなところか気になる!教えて~♪

 

釧路湿原や藻散布沼ってどんなところ?

釧路駅からバスで40分、釧路湿原駅から徒歩10分ほどの場所にある釧路湿原国立公園。

ここは、釧路湿原と湿原を取り囲む丘陵地を合わせた国立公園です。

その大きさはなんと東京23区が収まるぐらいと、とても広くて驚きですね!

また、釧路湿原駅から歩いて3分ほどのところには「細岡展望台」があり、夕陽のスポットとして人気なんだとか♪

この展望台から眺める釧路湿原はとても絶景と言われており、ぜひ足を運んでみたいですよね。

ぴよ吉
ぴよ吉
夕陽が見れる絶景スポットだなんて、一度は行ってみたい!

また釧路駅からバスで行ける「温根内ビジターセンター」には長い遊歩道があり、そこからヒシやネムロコウホネの花を近くで見ることも出来ます。

そして藻散布沼は、「思い出のマーニー」で主な風景のモデルになった場所です。

釧路から車で海沿いに1時間30分ほどで行ける、海岸段丘をひと山こえたところにある小さな海跡沼

観光地というよりは、映画と同じであまり目立たずひっそりとした静かな場所ですが、自然豊かで冬になるとタンチョウや白鳥が集まってくる光景を見ることが出来るようです。

冬に訪れると、まさに北海道の自然を肌で感じることが出来るかもしれませんね♪

 

湿地屋敷のモデルは北海道じゃない!

「思い出のマーニー」に出てくる湿地屋敷ですが、屋敷のモデルになったのは北海道ではなく軽井沢にありました!

「軽井沢タリアセン」というレジャー施設の中にある「睡鳩荘」という建物です。

軽井沢タリアセンは、軽井沢の南にある塩沢湖のほとりに広がる観光スポット

塩沢湖を中心に、芸術を楽しんだりリフレッシュする遊戯施設もあり、カフェやレストランもあり、自然と触れ合いながら過ごすことが出来そうですね。

ボートやゴーカートもあるので、子供から大人まで楽しめるのではないでしょうか。

ボートにのって「思い出のマーニー」の映画の中を再現して写真を撮るなんてこともしてみては♪

ぴよ吉
ぴよ吉
まさに聖地巡礼って感じだね!

 

まとめ

今回は「思い出のマーニー」の舞台モデルとなったロケ地北海道をご紹介してみました!

釧路湿原や藻散布沼など、北海道ならではの自然がいっぱいの壮大な場所でしたね。

杏奈とマーニーが過ごした日々を思い出しながら聖地巡礼してみてもいいかもしれません♪

また、マーニーが住んでいた湿地屋敷の舞台モデルとなったロケ地は軽井沢ということも驚きです!

北海道だと思っていた人も多いのではないでしょうか。

壮大な自然を堪能するには持って来いの場所だと思います!

ぴよ吉
ぴよ吉
一度は行ってみなきゃ!

マーニーの世界観を感じたい方は釧路湿原や藻散布沼、軽井沢にある屋敷にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪

映画「思い出のマーニー」の聖地巡礼の参考になれば嬉しいです!